審査員(judges)

特別審査員のご紹介

≪特別審査員≫
スマイリーキクチ

スマイリーキクチ

(タレント)

 

本名、菊池聡。1993年、専門学校時代の友人と「ナイトシフト」というお笑いコンビを組み「GAHAHAキング爆笑王決定戦」に出演。その後、ピン芸人へ転向。ニコニコしながら毒をはいて笑いをとる毒舌漫談のスタイルが特徴である。一時期、静岡ローカル情報番組でMCを務める。ボキャブラ時代は仲本工事似をネタにし、2004年頃から韓国の俳優「ヨン様」ことぺ・ヨンジュンの真似をするようになり急に忙しくなったという。また3度の飯よりマッスルなアメリカ車好きで有名。自転車は、エレクトラの「インディ」を所有。

宮尾 岳(漫画家)

宮尾 岳

(漫画家)

 

香川県出身。代表作は「並木橋通りアオバ自転車店」「魔物ハンター妖子」などがある。日本を代表する自転車漫画の第一人者。自転車を題材に描く人間ドラマ「並木橋通りアオバ自転車店」は、自転車好きだけでなく多くのファンを魅了している。エレクトラとの付き合いも長く、エレクトラ創始者の2人ジャノとべノとも親交が深い。これまで自身の作品で3度エレクトラを登場させている。今回の「カスタム甲子園」には特別審査員だけではなく、自身もカスタム車輌1台を応募する予定。エレクトラの「クルーザー」「アムステルダム」「ロカビリーブギ」3台を所有。

≪審査員≫
カスタム甲子園審査員

津幡 高義

(有限会社CORAZON 代表取締役)

 

「ビーチクルーザー」や「自転車のカスタム」をより楽しく、より多くの人に知っていただきい!!その想いから、その思いからたくさんの方のご協力を得て、この度『第1回ビーチクルーザーカスタム甲子園』を開催する運びとなりました。

カスタムすることで、もっと、自転車に愛着が湧きますし、大切な宝物になります。技術的にはたとえ未熟でも、本当に好きで、楽しんで取り組まれた作品は見る人の心を動かします。皆さんの作品との出会いを楽しみにしています。

カスタム甲子園審査員

石井 秀忠

(株式会社Bicycle Life 夢屋 Style 社長)

 

横浜HOTROD CUSTOM Showでベストペダルカーを受賞するなど、BIKEビルダーとして業界では一目置かれる存在。

「車やモーターサイクルだけでなく、自転車もカスタムすれば面白いベースとなります。実用性を考えればビーチクルーザーがおすすめです。オプションパーツも沢山あるので、簡単にドレスアップが楽しめます。さらに一歩踏み出すなら、フレーム塗装やピンストライプなどが手を付けやすいところでしょう。オンリー・ワン、自分だけの1台を作るのも面白いですよ!!」